妻にだけ勃起しない「妻だけED」


浮気相手とはセックスできるのに…「妻にだけED なんです」

パートナーとはセックスレスであるにも関わらず、性欲は普通にある、という人は珍しくないようです。
男性であれば隠れてマスターベーションをしたり、風俗に行ったりするようなケースですね。
パートナーがこうした現場や証拠を目の当たりにすると、不信感や嫌悪感のもとになり、ますます関係が悪化する可能性が大きいでしょう。

妻にだけ勃起しない「妻だけED」

妻とはED気味のためにセックスレスという男性の実に7割が、浮気相手とならちゃんとできる…という調査結果が出ています。
これはいったい何を意味するのでしょうか。

妻が出産や育児をきっかけにいわゆる「女を忘れた」状態になってしまうことで、女性として見られなくなったという男性は多いものです。
また、妻を誘っても拒否されるばかりなので、そのうちセックスしたいという欲求がなくなってしまったという意見も聞かれます。
また、女性側からしてみれば、毎日家事や育児に奔走してくたくた、夜は1秒でも早く寝たい!という時に夫から誘われてもそれどころではないという気持ちの方が強いでしょう。
このような場合に、夫がセックスを無理強いしたり、妻がしぶしぶ受け入れるようなことが続くと、だんだん夫婦間でのセックスそのものに魅力を感じなくなるということは充分考えられるのです。

女性もショックを受ける悪循環に陥る前に

もし、セックスレス状態の夫が外で別の女性と関係を持っていたことがわかったら、女性はどんな気がするものでしょうか。
おそらく、二重の意味でショックをうけることと思われます。
一つには、単純に浮気された、裏切られたという怒りや悲しみ。
そして、セックスレスの原因が自分に魅力がないのか、愛情がなくなったのか…という自分に対する自信喪失の気持ちです。
こうした負の感情はしばしばトラウマとなりかねず、それ以後の夫婦関係に大きな影響を及ぼします。
お互いへの不信感やセックスそのものへの嫌悪感となり、ますます悪化することも考えられるのです。

二人で改善するには?

「妻だけED」を改善したいのであれば、まずは二人のコミュニケーションを大切にすることから始めましょう。
旅行や外食、観劇などいつもと違うシチュエーションを演出してみてはいかがでしょうか。
女性は下着に凝ってみたりするのもよいでしょう。
いっそED治療の専門医に相談するのもおすすめです。簡単な問診程度でバイアグラなどの治療薬を処方してもらえますし、何度か成功体験を重ねれば自信に繋がることでしょう。
特にバイアグラは男性ホルモンの量を増やしてくれる働きもあることがわかってきました。
上手に活用して、夫婦の絆を深めましょう。

Menu