特殊な性癖があるパートナーと上手くやっていく方法


特殊な性癖があるパートナーとのセックスレス

特殊な性癖を持ったパートナーの場合は、まずその性癖を理解できるかどうかが大きなカギとなるでしょう。理解できるに越したことはありませんが、どうしても受け入れられないこともあります。無理をしてセックスレスに陥るのは、最悪と言えるでしょう。特殊な性癖を持ったパートナーと上手くやっていくためには、さまざまな解決策を考える必要があります。

特殊な性癖はなかなか治らない

特殊な性癖を持っているひとは、見た目からは判断が付かないことも多いです。付き合ってみて、いざ深い関係になったら実は特殊な性癖を持っていると告白されることも多いでしょう。特殊な性癖、といっても様々な種類がありますが、まずは内容を聞いてみてください。

内容によっては、特殊とは言えないものもあるかもしれません。反対に、それはちょっと無理と引いてしまうようなハードなものもあるでしょう。性癖は、なかなか治るものではありません。もしも、性癖に理解ができないことが原因で別れても仕方がありません。

特殊な性癖を持つに至った背景には、その人にしかわからない理由があるものです。しかし、セックスは共同作業ですから、相手の意志を尊重したいとなるとある程度受け入れなければなりません。皆さんが、相手の特殊な性癖を知ってもなお一緒にいたいと思うのならば、歩み寄ったり解消したりできる良い方法を考えるしかありませんね。

無理に合わせて自分を嫌になるのは止めよう

いくら相手のことが好きでも、また、別れたくなくても、無理に相手の性癖に合わせることはいけません。無理をすることは、結局皆さんがセックス嫌いになるリスクを高めるだけです。セックスが嫌いになってしまえば、相手の顔を見るだけでも嫌、とう状況になり可能性もあるでしょう。

セックスにかんしては、相性が存在します。相手の性癖に合わせることができるかどうかも、相性のひとつと考えると、どうしても受け入れられない場合は、もう相性が悪いのだから仕方が無いと思うのも大切です。

重要なのは、皆さんがどうしたら最終的に満足するかの点です。相手に無理やり合わせてセックスが苦痛になるならば、本末転倒です。特殊な性癖を持っている事実は、曲げるこができないのですから、ときにはあきらめも肝心ですよ。

外部の性的サービスで解消してもらう方法もある

たとえば、特殊な性癖に対する性欲にかんしては、外部の性的サービスで解消してもらうという方法もあります。いわゆる、風俗ですね。風俗サービスの幅は広く、さまざまな要求に応えてくれるプロが存在します。

もしも、皆さんがパートナーの性欲を解消してあげたいけど、自分では無理と考えているのなら、風俗に行ってもらうという手もあるのです。しかし、風俗とはいえ、ほかの異性との性的なスキンシップが耐えられないとなると、話はちょっと厄介かもしれません。それに、風俗に入れ上げてしまう危険性も、否定できないでしょう。

風俗などの性的サービスを利用するときは、お互いに割り切って納得してから利用するようにしてください。また、利用したときは報告するルールを作ると、相手も安心でしょう。

まとめ

特殊な性癖を持ったパートナーを愛している場合、性癖を理解できればそれに越したことはありません。しかし、中にはどうしても理解できなかったり、生理的に受け付けられなかったりすることもあるでしょう。無理に自分が合わせることをしなくても、特殊な性癖にかんしては外部で欲求を解消してもらう方法もあります。パートナーと自分にとって、最も良い方法を話し合ってみましょう。

Menu