スキンシップ量が増えるスローセックスとは


愛と確かめ合うスローセックスのすすめ

セックスレスの2人は、そうでないカップルと比べてスキンシップの量が圧倒的に不足していると言えます。セックスをしないのですから、その分スキンシップの量が少なくなるのは当然です。しかし、最後まで至らなくても良いので、まずは2人の愛を確かめ合うようなスローセックスを取り入れてみることを試してみましょう。

スキンシップ量が増えるスローセックスとは

スローセックスは、通常のセックスよりもスキンシップに重きを置きます。ゆっくりとじゃれ合うように相手と抱き合ったりキスをしたり、十分に愛を確かめ合ってください。スローセックスにとって、挿入はあくまでも最終段階のおまけ的なもの。

いつもよりたっぷりとスキンシップを行うことで、お互いの存在をより大きく感じることができるでしょう。特に、スローセックスは女性側の満足度が高いことが特徴です。女性がセックスに乗り気に慣れない原因のひとつに、男性側の身勝手なセックスが挙げられます。

自分の欲求を満たすことばかりを考えて、十分な前戯も無いままに挿入しても、女性は満足するはずがありません。むしろ、満足度頃か苦痛と感じることもあるでしょう。男性は女性の不満に気づかないことも多いのです。スローセックスは、今までのセックス感を変えてしまうほどに女性にとっては画期的なことと言えるかもしれませんね。

最後まで至らなくてもセックスレス解消に効果

セックスは、挿入ができなければ意味が無いと言えばそうかもしれません。でも、最後まで至ることができなくてもスローセックスで性的に満足することができれば、それで良いのです。セックスレスの最大の問題は、スキンシップが無くなったことが原因なのですから、スキンシップができることが第一のステップと考えて良いでしょう。

もちろん、最後まで至ればそれに越したことはありません。気分が高まって体の準備ができれば、挑戦してみてください。もしかしたらうまく行かないこともあるでしょうが、気にしないことです。まずは、しようと思ったことで問題無しとしましょう。

スローセックスは、セックスを2人でじっくり楽しんで行う方法です。単なる挿入だけの行為としてではなく、2人の愛情表現の極みとも言えるでしょう。時間を掛けてセックスに取り組んで、セックスレス解消の糸口をみつけてください。

まずは2人でイチャイチャする楽しみを思い出そう

さて、皆さんも依然は普通に2人でイチャイチャしつつセックスに流れていたのではないでしょうか。恋人同士の男女であれば、話が弾んでスキンシップを行っているうちに、自然とセックスをする流れになるものです。

2人が、まだ付き合いが浅いときのことを思い出してみましょう。セックスの1回1回が新鮮で、楽しい物ではなかったのではないでしょうか。2人でイチャイチャしていた時期を思い出して、また新鮮な気持ちで相手と向かい合って見るのも良いでしょう。

そのためにも、スローセックスは有効なのです。いろんな話をしながら、また体に触れながらゆっくりと相手の気持ちの良いところを探ったり、気分を高めていったりしてください。イチャイチャすることが楽しいと感じたら、また以前のようなセックスができるようになる日も近いでしょう。

まとめ

セックスレスになった2人に大切なのは、スキンシップが楽しいということを思い出すことです。恋人同士になった当初は、肌と肌が触れ合うだけでも心がときめいたことでしょう。スローセックスは、時間を掛けて相手とのスキンシップを楽しむセックスです。たっぷり時間をかけてイチャイチャしながら、セックスレス解消に向けてがんばってみてください。

Menu