性欲差が激しいカップルの解決策


性欲の差が激しいカップルの解決策

性欲の差があまりにも激しいカップルは、いずれどちらかに不満が溜まって破局を迎えることでしょう。セックスがすべてではありませんが、性の不一致というのは大きな問題です。性欲の差があるカップルが円満な関係を保つためには、どんな方法があるのでしょうか。

性欲差が有り過ぎるとセックス嫌いになる

カップルのいずれかの性欲が強すぎて、2人の性欲差が有り過ぎるパターンは、あまり相性が良くないと言わざるを得ません。とくに、性欲が弱い方がセックス嫌いになってしまう可能性が高いです。

相手に嫌われたくないがために、嫌々セックスに付き合っていると、セックスそのものに快感を覚えないばかりか、セックスが嫌いになってしまうことでしょう。すると、何らかの理由を付けてセックスを避けるようになります。セックスがなくなれば、性欲の強い方はたちまち欲求不満に至るでしょう。

性欲差のあるカップルは、このように片方が負担を感じて、もう片方が不満を感じるという結果になりがちです。セックスの相性の悪さ、ということにも性欲差が有り過ぎるということもあらうでしょう。性欲差があるカップルは、何らかの対策をしないと良い関係を続けることは不可能に近いでしょうね。

セックス以外のコミュニケーションを重要視する

性欲差が激しいのならば、セックスだけに目を向けることをしないのもひとつの方法と言えます。たとえば、セックス以外のコミュニケーションを重視してみましょう。2人で遠くに日帰りで出掛けたり、水族館や博物館デートをしたり、ショッピングをするのもいいですね。たまには、体を使ってスポーツやハイキングに出かけるのも良いでしょう。とにかく、セックス以外のことを2人で行うのです。

カップルの満足感は、セックスの満足度に影響されはしますが、それがすべてではありません。総合的に2人が幸せと感じることができれば、良いのです。2人で何か楽しめることは無いか、考えてみてください。

セックスのことばかり考えていると、ケンカになったり険悪なムードになったりしがちです。きちんとした解決策が出るまでは、2人の関係を良好に保つためにもさまざまな方法を考えてみてください。

相手の立場になって考えて解決策を話し合おう

カップルでも、性欲が強い方はセックスがしたくてたまらないわけですよね。でも、片方はそうでもありません。この考え方の違いを、お互いに率直に伝えて話し合ってみることはとても大切です。

自分とは違う考えを認めることも、問題解決には必要なことと言えるでしょう。せっかくカップルになった2人ですから、セックス以外に惹かれた点もいろいろとあるはずです。相手のことを尊重しつつ、性欲差の問題について話すことで、解決策が見えてくることでしょう。

なお、性欲を解消するために浮気を容認する、風俗を利用することを認める、という方法もあります。しかし、ひとたび間違えると2人の関係そのものを壊す方法となるので、導入するときは慎重になってくださいね。

まとめ

性欲が強いことも、弱いこともいずれも悪いことではありません。しかし、愛するカップルとして性欲差があまりにもあり過ぎることは、不幸なことです。どちらかに欲求不満が溜まって、いずれ破局を迎えることになるでしょう。2人が円満な関係を続けていきたいと願うのなら、セックス以外のコミュニケーションを重視したり、2人で良い解決方法が無いかじっくり考えたりしてみてくださいね。

Menu