海外から学ぶセックスレス解消法~ポリネシアンセックス


ポリネシアンセックスで深く繋がろう!

EDやセックスレスが問題視されている今、ポリネシアンセックスが注目を集めています。快楽よりも気持ちの共有を大事にする日本人には正にうってつけの方法と言えるでしょう。上手く行けば、セックスレスを解消し二人の愛も深まるかもしれません。

ポリネシアンセックスとは?

ポリネシア地方で生まれたとされるセックスの仕方で、四日間かけて抱き合うなどして気分を高め、5日目に性器を挿入する性行為です。重要なのは挿入した後動かないこと。小一時間ほど結合したまま抱き合っていることにより、五感全てをフル活用して相手を感じ、互いを強く想うことが出来るでしょう。

行為の前に食事をとり過ぎてはならない、携帯機器は電源を切って置くなどムードを作るために注意することが幾つかありますが、間違いなく普段とは違う体験に気分は高まるでしょう。

動かず見つめ合うことで普段言えないようなことも話せ、普通のセックスよりも深く繋がったという感覚を覚えるそうです。加えて、勃起力が低下してきた男性に有効であったり、オルガスムを感じやすくなったりすることも人気の理由でしょう。

ただし、EDに悩まされる男性の場合には、こうしたプレイが容易ではない場合もあります。そもそも勃起しなくては挿入自体が難しいですし、長時間止まったままでいると、勃起を維持するのも大変です。もし勃起力に不安がある場合は、クリニックへ相談をするなどして、バイアグラなどの処方も検討されるといいでしょう。

身体よりも精神を大事にする性行為

ポリネシアンセックスは、射精やオルガスムを目的としていません。交わったカップルが愛情を確認したり、信頼を深めたりなど精神的な気持ち良さを重要視しています。セックスレスは身体の相性よりも心のすれ違いから来る問題なので、心の共有を目的とする性行為は解消のきっかけとなるかもしれません。

ただ抱き合うだけの交わり。一見すると夜の営みとしては快感が不足しているように感じるかもしれません。しかし、日々の忙しさで心の余裕をなくしがちな私達だからこそ、ゆったりとしたセックスが必要です。ゆとりと愛する気持ちを取り戻すためにも、気持ち良さよりも幸せを感じる性生活を送られてみてはいかがでしょうか。

Menu