実は今、日本はエロのパワーに溢れている!?

セックスレスになる原因の一つとして、男の性欲低下を挙げる人がいます。しかしそれは本当なのでしょうか?今の日本はエロの文化や情報に溢れています。むしろ、昔に比べて男たちが内に秘める性欲は強くなってきていると言えます。

性の情報が溢れる時代

情報化社会となった今、ありとあらゆるものを知ることができるようになりました。もちろんエロに関することだってネットを使えばサクッと調べることができます。画像も動画も、海外のエロ情報すら手に入れることができるようになりました。
そんな性に関する知識が溢れる昨今、風俗もまた大きく変化しています。最も大きなものでいえばデリヘルの誕生でしょう。店舗型しかなかった時代に比べると風俗店の数も何倍にも膨れ上がってきています。ヘルスサービスを基本としつつも、各店とも生き残りをかけて独自の新サービスやニッチなエロを打ち出して顧客ニーズに応えようとしているのです。
ありとあらゆる性に関する情報が手に入り、ちょっと動けば実際に思い描いた通りのプレイも気軽に体験することができる。そういった意味では非常に恵まれた時代であるといえるのではないでしょうか。

男の欲望は底知らず?

そんな大風俗時代を迎えた日本では、自らの性癖を我慢する必要はなくなってきています。パートナーには言えないようなマニアックな性を抱えていた人たちも、ネットの世界や街に出ることですぐに叶えられるようになったからです。
妻とのセックスでは男らしさを見せている人も、本当はドMで強い女にイジメられたい…そんな思いを持っているかもしれません。本当の自分と家庭で演じる夫像に悩んでいる人は意外に多いものです。そうした性の狭間に置かれてしまうと、ストレスを抱えこんでしまいセックスレスに陥ることもあります。
ですが、今の時代は外に出ることさえできれば隠していた性癖を思う存分に開放してやることができるのではないでしょうか。そういった意味でも、大風俗時代を迎えた今の日本は性におおらかな風土になりつつあると言えそうです。

勃たない男でも風俗を楽しめる!?

本当の自分と偽りの演技の板挟みになっている男性の中にはストレスから勃起不全に陥ることもあります。それがきっかけでセックスレスに…ということもあるでしょう。EDになってしまうと「風俗どころではない…」と落ち込んでしまうかもしれません。
しかし、今の時代、勃起不全は改善できる症状です。病院に行って診察してもらえば、バイアグラを処方してもらうことだってできるでしょう。肉体的にはバイアグラの力でもって解決できるはずです。
勃起さえできてしまえば心の問題も解決のしようがあります。風俗に行って思いっきりストレスを発散すればいいのですから。勃起できないから、性を楽しむのはもう引退…そう決めつけるのは早いということですね。

今こそエロの大海原へ!

様々な面で今の日本は性に対して非常にオープンな時代になってきています。セックスレス問題を語る人の中には、男性の草食化や性欲低下を上げる人がいます。しかし、これだけのエロの土壌がある今の日本で、そんなことを心配する必要はあるのでしょうか。
世の中にはいろいろな意見があり、そのどれもが正しい面があります。ですが大切なのは自分の気持ちです。まずは自分に素直になって、目の前のエロに飛び込んでみましょう。性の大海原はいつだって男たちを待っているのですから!

Menu