デリヘルが起こした風俗革命が日本のエロを進化させる?

デリヘルの誕生によって風俗業界には様々な良い変化が起きています。店舗でしか遊べなかった時代に比べると、お客側はもちろんのこと業者側や風俗嬢にまで変化が起きているのです。
デリヘル出現によって果たしてどのようなことが変わりメリットとなったのか、そこのところをご紹介していきます。

いつでもどこでも遊べるようになった

デリバリーヘルスが出現してから大きく変わったところ、それはいつでもどこでも遊べるようになったことではないでしょうか。それまでの風俗はお店以外では遊ぶことができませんでした。また、風営法の関係で日の出から深夜0時までという時間も限定されていました。そのため、風俗愛好家たちは繁華街まで足を運んで時間を気にしながら遊ぶしかなかったのです。
しかしデリヘルはデリバリーできる範囲内であればホテルでも自宅でも女の子を呼び出すことができます。しかも、法律上24時間営業することができますので好きな時に遊ぶことができるようになったのです。これは風俗業界においては大きな革命であり、日本ではいつでもどこでも「抜きたいな」と思ったらば電話一本で遊ぶことができるようになったのです。

選択肢が広がった

デリヘルが生まれたことで、選択肢が広がったというメリットもあります。店舗型の場合はプレイルームを変更することができないため、一度コンセプトを決めたら容易にお店のカラーを変更することができませんでした。しかしデリヘルは店舗を持たず、プレイ場所はその時によって変わります。同じお店であっても、利用するお客側が「今日は自宅で恋人気分で」「ホテルで密会」「不倫っぽい雰囲気を味わいたい」と、シチュエーションを選ぶことができるようになったのです。
また、デリヘルは開業しやすいというメリットがあります。これは業界に程よい競争を生むきっかけとなり、お店は独自のコンセプトを打ち出さなくては生き残れないという状態を生み出しました。お客にとっては様々な種類のお店の中から自分好みのジャンルを選べることになります。そういった意味でもデリヘルの出現によって選択肢が広がったということが言えます。

女の子の質に変化が出てきた

デリヘルによって世の中にはたくさんの風俗店が溢れるようになりました。それは競争を生み出すと共に、女の子の雇用機会を創出するということにも繋がったのです。それまでは風俗嬢というとなんだかプロっぽい女の子ばかりがいましたが、デリヘル誕生からは一変します。風俗嬢が慢性的に足りなくなり、どこのお店も高待遇でバンバン求人広告を出すようになったのです。
女性側もたくさんの高収入求人を見る機会が増え、普通のOLや学生などがアルバイト感覚で働くように。結果として素人風の子で溢れるようになり、風俗業界で働く女性の質に変化が出てきたのです。
男としてはあまりにプロっぽい子よりも、素人っぽさが残った女性のほうが遊んでいて楽しいもの。デリヘルができて、女性の質という面でもメリットが生まれたということですね。

自由度の高さが新たなエロを生む

他にもデリヘルによって生まれた変化はたくさんあります。なぜデリバリー型のお店が増えたことで風俗業界全体が変わっていったのでしょうか?その理由の一つとして、自由度の高さが挙げられます。たとえば先述した、時間や場所の拘束がなかったり、コンセプトも好きなように変更できたり、女の子も様々なタイプが集まるようになったことが関係しているのでしょう。気軽に開業でき、働けるデリヘルの自由度の高さが風俗業界をより面白くしているといえるのではないでしょうか。
風俗大国日本はデリヘルの発展によりこれからもまだまだ新たなエロが生まれていく気がしますね。

Menu