セックスが苦手な日本人〜世界のセックス事情から読み取るセックスレス解消法


セックスが苦手な日本人〜世界のセックス事情から読み取るセックスレス解消法

セックスが苦手な日本人〜世界のセックス事情から読み取るセックスレス解消法

小鳥
世界には数限りないセックス観があふれています。私たちが想像も付かないような感覚で性を捉えている国がいくつも存在していることを知りましょう。

外国とは言え同じ人間であることに変わりありません。日本にあふれる問題の解決策がそこにはあると言えるでしょう。

セックスレス先進国・日本

性欲に個人差があるように、国ごとにも性に対してさまざまな考え方があります。とりわけ日本人は、セックスに対して消極的な国民性です。しかし無関心ではなく、表に出すことを良く思わなかっただけとも言えます。昨今では苦手意識を持ち、避けるようにさえなっているのが現状です。

その結果、日本のセックス偏差値は世界でも最低ランクへと落ち込みました。性を楽しみ、重要視する感覚が欠如しているかを表したこの結果は、もはや笑い話では済ませられないと言えるでしょう。

現代にまん延するセックスレス問題は、少子高齢化など社会問題にまで発展しています。今こそ、苦手意識を克服するため、世界のセックスに目を向け、私たちに何が足りていないかを知るべきタイミングと言えるでしょう。

セックスへの考えは星の数

世界の各地には、情熱的な国民性を持つ人々がいます。「あんなところが?」と驚く国もあれば「やっぱり」と納得できる国もあります。他にも、かの大国がセックスレスに悩まされていたり、ユニーク過ぎる対策を講じている保健当局があったりすることを知って、性の見方ががらりと変わるはずです。

雑学として知っておくだけでも、パートナーとのコミュニケーションのひとつとなりえます。「ギリシャの人たちはこんなにオープンな感覚で愛を求め合っているのだね」といった会話からはじまる夜もあるかもしれません。

なぜセックスに積極的か消極的か。背景にある問題が何かは、外の国を見ればいろいろなことがクリアとなっていきます。同時に、日本らしい性との付き合い方も見つけられるかもしれません。一生つきまとうであろう性を満喫するために、さまざまな知識を身につけましょう。